ナショナル補聴器センターからのお手紙

ナショナル補聴器センターのブログサイト。 各店スタッフより日替わりでお届けします。 質問やご意見なども遠慮なくお寄せ下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

究極の極小補聴器が発売になりました

CICタイプと呼ばれる従来の極小補聴器より更に小さい補聴器が発売になりました。

名前は「オトレンズ」。

コンタクト・レンズのような小ささという意味でしょうか、『オト・レンズ』は鼓膜面直前にまで入り込む特殊な補聴器です。


医師の立ち会いの下で採取する耳型が必要になりますので限られた販売店でしか取り扱いできませんが、とにかく目立たない補聴器をご希望の方にお勧めです。





otolenssouyou

オトレンズを装用した写真です。

真横から見てもどこに補聴器があるのか分かりません。



otolenszusetsu

耳の中の断面図です。

オトレンズが鼓膜付近まで入っているのが分かります。



pinbokenootolens

耳の断面を表した模型です。

赤いのが従来の小型補聴器。

その更に奥に入っているのがオトレンズです。

耳あながまっすぐな方なら完全に隠れる位置まで奥深く入ります。

      StarkeyOtoLens<Link>




オトレンズの製作には耳鼻科での受診と耳型採取が必要です。

取り扱いができる店舗と耳鼻科は限られますので、最小補聴器に興味のある方は先にお問い合わせください。


       岐阜店 K

スポンサーサイト

| 補聴器 | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://national.blog36.fc2.com/tb.php/891-0193a89e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。