ナショナル補聴器センターからのお手紙

ナショナル補聴器センターのブログサイト。 各店スタッフより日替わりでお届けします。 質問やご意見なども遠慮なくお寄せ下さい。

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

補聴器とフィッティング

補聴器によって聞えを取り戻すということは、補聴器という器具

を購入するだけでは十分とはいえず、購入と同時に調整

して合わせるという行為(フィッティング)が重要です。

このフィッティングという行為がなされて初めて補聴器が生き、

そして聞こえの改善に繋がり、結果として使用者の役に立つ。



調整もだだコンピューターを操作して行えば使用者が満足を得る

とは限りません。使用者の年齢、体の動き、装用する環境、

過去の装用経験年数、使用してきた補聴器の音色やタイプ等

加味し、総合的に判断をして音の強さ、音色、最大出力等を決めて

いきます。そのためにフィッティングを行うには補聴器についての

知識とかなりの経験、感、なども要求されます。



補聴器を購入する際にはお店選びにも十分な検討をお勧め

します。



  ご挨拶

この一年、当ブログは補聴器専門店の立場から「補聴器とその関連商品」

当社投稿者の「日々の出来事、感じたこと」等幅広い内容で投稿して来まし

た。これからもずっと続けて参りたいと思っています。

今後も皆様方のご意見、ご指導を頂きながら補聴器に関わる情報、

役に立つ情報を提供し、長くご愛読して頂けるよう努めて参ります。



この一年間誠に有難うございました。心より御礼申し上げます。

それでは 良いお年をお迎えください!

   一宮店
スポンサーサイト

| 補聴器 | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飲酒運転

この季節 お酒を飲む機会が非常に増えますね。
そこで気をつけたいのが、やはり飲酒運転。

悲惨な事故の報道を聞くと、いたたまれなくなります。
規制が厳しくなってきたのと、連日の飲酒運転の事故報道で気を付けてる方も多いと思います。
そのおかげで、代行運転業者を頼む方が非常に多くなったとか。業者の方も大忙しとの事です。
先日、運転免許の更新に行った時の講習でも飲酒運転の事を重点的に行ってました。

それでも、飲酒運転の事故は無くなりません。
個々の意識を高める必要がもっとあるかもしれませんね。

もうあんな悲惨な事故の報道は見たくないですから、みなさん気をつけましょう!!

  岐阜店

| 雑感 | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノロウイルス


今冬は暖かいせいなのか、インフルエンザについての報道はあまりされていないように思われます。最近メディアを沸かせていたのは、間違いなくノロウイルスでしょう。

感染力が強く、ちょっとしたことで他人に感染してしまうということで、色々な施設で集団感染しているようです。
予防としては料理は加熱。手洗いはしっかり。嘔吐した後からでも感染するようなので、消毒をしっかり行うといった所でしょうか。

また、この騒動によってカキ等の貝を扱っている関係者は大打撃を受けているようです。直接貝から感染するという事例はまだないらしいですが、やはり消費者側には不安が広がっているのでしょう。

こういったニュースは見ていて気持ちいいものではありませんが、必要な情報はしっかり手に入れて、管理していきたいと思いますね。

  豊橋店

| 雑感 | 17:05 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

当たった!!

最近、やっと車のタイヤを買い替えました。

少し前からタイヤがかなり磨り減っていまして行く先々で

タイヤの交換を指摘されていたのですが

(ディーラー、ガソリンスタンド‥)なかなか思い切れず

ずるずる来ていたのですがこの間、今年も終わりと言う事で

近くのガソリンスタンドで購入したのですがたまたまタイヤセール

をしていてくじ引きができたのですがなんと!

「1等」が当たったのです。景品は商品券でしたがいつも

「はずれ」ばかりなのでびっくりです。

どんなものでも当たりがでるのうれしいですね!

  一宮店

| 雑感 | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

難聴は自覚する前が大切!

80歳代になると難聴を自覚する人が増えてきます。
ですが、聴こえに一番大切なのは軽度難聴の時期。
言葉を明瞭に聞くには早めの対処が必要です。



東京都が実施した社会福祉基礎調査(→Link)の高齢者の生活実態。
その調査で自分は「ふつうに聞こえる」と回答した方の比率を表したグラフです。



このグラフから普通には「聞こえない」と回答した方は70代の方で1割未満。
80代に入ると約3割と急増
します。
では、「ふつうに聞こえる」と回答した方が聴力的に問題がないかと言えば、他の各種統計から判断するとそんなことはなさそうです。

一般的に聴力低下は非常にゆっくりとしたペースで進行します。自分でも気付かない程度の速度で徐々に聞き難くなっているので、以前の聴こえとどれくらい変化しているのかが分からないのです。
視力であれば単純に「距離」で自覚することも可能でしょうが、聴力は客観的に判断する材料が少ないので余計に難聴に気付きにくいのかもしれません。
テレビの音量の大きさでも、時間帯や番組内容によって聴力が正常でも音量を変えなければいけないので判断の基準としては難しいようです。

では、聴力がどうであれ本人が不便を感じなければ良いのでしょうか
答えは「ダメ」な場合が多いようです。本人が自覚するほどの難聴になっていると、思ったよりも進行している場合があるのです。

「音が聞こえない」だけなら補聴器で音を大きくさえすれば元通りになるはず。ですが、問題は難聴が進むと「言葉が言葉として聞こえなくなってしまう」ことがあるのです。
つまり、十分に大きな声で話されても内容が明瞭に分からないという状態です。
音を聞いていない期間が長かった人ほど明瞭性が失われている事が多いようです。

「大きな声で言ってもらえば分かる」とほとんどの方が言われます。ですが、実際に言葉を聞き取る明瞭性を測定してみると意外と聞き分けられない言葉がある事に皆さん驚かれます

残念ながら一度明瞭性を失うと元の状態に戻すのは困難です。
補聴器を装用するなどして、しっかりと聴能訓練をしないと言葉の内容が判断しづらくなるかもしれません。





補聴器が必要かどうかの判断は様々な要素からなされます。
もちろん聴力だけで必要かどうかを決めることはできません。
ですが、言葉の明瞭性が著しく衰えてくると補聴器の装用自体も大変困難になってきます。
この言葉の明瞭度は耳鼻科や補聴器専門店でチェックすることができます。
聴こえに不安のない方もこの言葉の明瞭性だけは知っておくと安心ではないでしょうか。

  岐阜店

 

| その他 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

補聴器は宝物

今年の秋頃に旦那様に連れられて初めて補聴器を作られたお客様がお越しになりました。

旦那様はすでに私どもで初めて補聴器をお作りいただいてから8年程のお付き合いです。

その間に4台程補聴器をご購入いただきました。1台が平均20万円くらいのオーダーメイド補聴器です。

8年前は旦那様が補聴器に20万円もお金をかけることに対して奥様は理解できなかったようです。

ですが、8年の月日がたち奥様もまわりから補聴器をすすめられる立場になってしまわれました。

最初は補聴器に抵抗を感じておられたのですが、私どもや旦那さんが補聴器というものをなんとか理解していただこうと説得、説明をしてしぶしぶお貸出という形で挑戦していただきました。

出来上がった補聴器を装着して15分くらいでしょうか。

「きこえる!」ということを実感したようでした。

それからは、旦那様や私どものお話も素直に聞いていただけるようになりました。

お互いに補聴器装用者の気持ちが理解できるようになって以前よりご夫婦に会話にとげがなくなったように感じました。

今日はその補聴器のお掃除にご来店されました。

奥様曰く「補聴器はわたしの宝物なの。」とのお言葉でした。

ご紹介いただいた旦那様の面目もたちましたし、そんな一言が励みになります。

まずは聞いて、感じてただくのが一番かもしれませんね。

  名古屋店

| お客様 | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小物品

今回は補聴器の小物品を紹介します。

●電池チェッカー     補聴器の空気電池の残量をはかれます。

●ドライエイド(乾燥剤) 強力に湿気を除去する乾燥剤です。電子レンジで再活性可能な物もあります。

●カラーエチュイ      外出するときなど補聴器を持ち歩くケースです。

まだまだ紹介したい小物はありますが、一度お店でご覧くださいね(^^) 

  豊橋店 

| その他 | 16:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

補聴器用充電池

リサウンド社のパルスに充電式電池が採用されました。

来年から補聴器業界にも充電式の電池が各社から登場しそうです。
充電式電池は従来ニッケルカドミウムいわゆるニッカド電池が用いられましたが、欠点として電池を使い切ってから充電しないと、充電が不完全でした。
最近の充電池はニッケル水素という充電池で、特徴としては電池を使い切らなくて途中から充電しても完全に充電できるそうです。

データと実際に使ってみるのとでは違うと思いますが、実用上問題なければやはり便利でエコロジーですね!

  名古屋

| 補聴器 | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

充電式補聴器

GNリサウンド社から充電式耳掛補聴器(パルス)が新しく

発売されました。



この補聴器はオープンフィティングといわれ、従来の

耳掛形と違って特殊な耳センを使用し本体は小さくまた

チューブ(本体から耳穴に音を伝える管)も細くなっていて

目立ちません。



電池の交換は不要で、外したら本体ごと充電器に納めて

おけば充電してくれます。(従来の空気電池での使用も可能)



※このタイプの補聴器(オープンフィティング)は基本的に

 軽度難聴向けなのでご希望の方はお店でよくご相談

 して下さい。



充電式の補聴器は電池の購入、交換が不要になるため

今後ますます増えると思われます。

  一宮店


 

| 補聴器 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大掃除

名古屋の熱田神宮で『御煤納神事(おすすおさめしんじ)』が行われました。
世間で云う『すす払い』です。

いよいよ、今年もあとわずか。
大掃除
がんばりましょう!!

 名古屋店

| 雑感 | 16:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

点検

早いもので2006年も残りわずかとなりました。みなさんはどんな一年を過ごされましたでしょうか?来年は「亥年」。干支の中でも一番最後の年であり、大きな節目の年ですね。私もそろそろ来年の抱負を考えたいと思っています。

さてさて。
先日、車検を受けることになり見積りをだしてもらったところ、思ったよりもいろんな部品の寿命がきていて、痛~い出費となりました。。。けれど、大事な命を乗せているのですからお金には変えられません。しっかりと見てもらい、ピッカピカになった愛車。まだまだ走ってくれそうですが、少しずつでもお車貯金をしていこうかな^^

これは車に限った話しではなく、補聴器にも当てはまります。
1年2年・・・と、家族や友達とのコミュニケーションを支えてくれる補聴器。車と同じように、外からは分からないところで故障を起こしている場合もあります。毎日快適にお使い頂くためにも、ご自分で日頃のお手入れ(掃除や乾燥)をして頂くと共に、補聴器専門店でのお手入れをお勧め致します。

当社では補聴器に付着した耳垢や湿気除去はもちろん、お耳の聞こえの測定や音質の調整をサービスで行っています。いつでもお気軽にお越し下さい。

 津店

| 補聴器 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬といえば鍋!まだまだ寒い日が続く訳で、こたつで鍋を囲むことが多くなります。
我が家でも、鍋は簡単ということで寒くなると頻繁に行います。

少し前まではひたすらキムチ鍋ばっかりやっていたのですが、最近は水炊きやお肉がほとんどないしゃぶしゃぶがマイブームとなってきました。理由は私が今まで苦手としていたポン酢を克服し、むしろ好物となったかです。昔はポン酢で食べるなんてありえないと思っており、ごましゃぶのタレを使っていたものですが。味覚というのは変わっていくものみたいです。

どの家庭でも鍋をやることが多くなってくると思います。おいしいもの食べて寒い冬をのりきっていきたいですね。

豊橋店

| 雑感 | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

補聴器のメインテナンス

「補聴器のお手入れをしてください。」とお願いしても、お客様ではどうしても見つけにくい汚れもあります。

特に耳穴式の補聴器になると部品が小さいため、肉眼では見つけにくい汚れもあります。

耳穴式の場合、音が出るところに耳垢防止のフィルターがついて定期的に交換できるものもあります。

フィルターは網状になっているのですが、そのフィルターの網を突き抜けて汚れが補聴器内部まで入り込んでいることがあります。

また、マイク部も肉眼では見えない汚れが付着していることがあります。

そんなときは補聴器専門店で見てもらってください。

拡大スコープで汚れ発見、内部の汚れを専用の機械で吸引します。

調子がよくても、定期的に専門店のメインテナンスをうけましょう。

なんだか人の体と同じですね。

調子が良いときほど、定期的に診断をうけて大きなトラブルにならないよう気をつけましょう。

  名古屋店

| 補聴器 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

予防接種!

今年は初めてのインフルエンザの予防接種に行って来ました!

去年は予防接種をしなくても私は大丈夫だった

のですが子供と妻がインフルエンザになりしかも

子供は2度もなり大変でした。なので今年は

子供はもちろん予防接種をしていますが私も

安全の為にしました。これで少しは安心?!

  一宮店

| 雑感 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒くなると空気電池の寿命は短くなります

夏場は湿気による補聴器本体の故障に注意が必要です。
冬場は補聴器用空気電池の寿命が短くなりますのでお気を付け下さい。


ちょっと分かりにくい表ですが、寒くなると通常の6割前後しか持たないことがあります。
1)寒さ
 空気電池は冷たくなると十分な電圧が発生しません。
 朝は電池が冷え切っていて、新しい電池でも補聴器が動かない場合があります。
 そんな時は、電池を体温で少し暖めてあげると正常に働くようになります。

2)暖房器具
 石油ストーブやガスストーブなどの暖房器具を使用する場合、十分な換気をして下さい。
 閉め切った部屋でストーブをたき続けると空気電池の寿命が短くなる場合があります。
 空気の汚れも問題ですので、補聴器使用の有無にかかわらず定期的な換気はお勧めします。

3)乾燥

 乾燥した空気は空気電池の寿命を縮める事があります。
 部屋の中が乾燥しすぎないよう工夫するとよいでしょう。
 もちろん、補聴器用の乾燥ケースにも電池を入れないようにしましょう。


最近は補聴器用の充電池も発売になり、これらは冬場でも性能劣化が少ないようです。
もう少し一般的になれば電池で頭を悩ませることも少なくなるかもしれません。

  岐阜店

| 補聴器 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロボットミュージアムin名古屋

ひさびさに名古屋の栄に行きました。

三越交差点付近に「ロボットミュージアム」なる施設がオープンしておりました。

いろいろな、ロボットなるものが展示、販売されてました。

昔のラジコンカーでお父さんと子供さんが遊んでいた光景が今は2足歩行のロボットで遊ぶ時代になってきたようです。

ブリキの懐かしいロボットもありました。

よろしければ親子で覗いてみてください。

  名古屋店

| 雑感 | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末といえば

今年もあとわずかですね。つい最近まで暖かいと思っていたのが、急に寒くなりやっと年末だという実感がわいた人もいると思います。
さて、年末といえば忘年会!職場で行う方や友人達と行う方など色々あると思います。そして当然ながらお酒を飲む機会が増えますね。

今年は飲酒運転が原因の交通事故等が大きく報道されていました。
お酒を飲む人が増えるこの時期はより厳重に飲酒運転の取り締まりを行うと思います。もちろん我々飲む側の人間が「飲むなら乗るな!乗るなら飲むな!」を実践するのが一番必要なことです。

お酒を飲んだ後に運転しなくて済むように「店に車以外で行く」「運転代行サービスに頼む」等、しっかり対応して、一年の締めくくりを楽しく過ごせればいいと思いますね。

  豊橋店


| 雑感 | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジタル骨導補聴器

アメリカのスタ-キー社から「骨導式メガネ形デジタル補聴器」が

新しく発売されました。



メガネ式骨導補聴器は今までずっと販売されてきました、

しかし増幅回路はアナログ方式でした。

今回は世界で始めて2チャンネル・デジタルとして発売され

出力制限装置、ノッチフィルター、圧縮比・ニーポイント調整

回路等の機能を搭載した骨導式メガネ補聴器です。



骨導メガネ式デジタル補聴器は「誰でも付ければ効果がある」

というものだはなく、一般的に伝音性難聴の方に効果があり

感音難聴には効果が出ません。



装用を希望される方は耳鼻科に受診され、その後補聴器

専門店等でよく説明を聞かれて購入されるとよいと思います。

  一宮店

| 補聴器 | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高度難聴のかたのための補聴器

デジタル補聴器が主流の今、販売員の頭を悩ませること。

今までアナログ補聴器を使ってみえた耳元での大きな声がようやく聞き取れるくらいの高度難聴のかたの買い替えです。
すでに何度も紹介されているように、デジタル補聴器は静かな所で音の増幅を大きくしようとします。
したがって、エアコンの風の音や自動車の走行音が気になるそうです。さらに、歩道を歩くと歩行者の足音が気になってうっとおしいという意見をたまに聞きます。
高出力の補聴器は雑音処理を行うと聞いていただきたい音声までも小さくなってしまいます。

数少ないアナログを含め、候補の補聴器を聞いていただき調整をつめて少しでも納得いただく音を作るという作業を根気よく行なわなければなりません。

ただし、そのときの補聴器の音に対して的確に評価をしていただくと調整が手早く出来ますので助かります。

  名古屋

| 補聴器 | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。