ナショナル補聴器センターからのお手紙

ナショナル補聴器センターのブログサイト。 各店スタッフより日替わりでお届けします。 質問やご意見なども遠慮なくお寄せ下さい。

2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人工内耳

難聴になるとコミュニケーションが十分取れません。

その結果、人間関係に悪影響を及ぼすことがあります。

そこで補聴器という器具を使用し聞こえの改善を図れば

こういう事が防げます。

しかし難聴が重度(聾)になると補聴器では対応が出来

なくなります。こういう状況になった場合は

人工内耳という方法があります。

これは手術によって耳のなかに埋め込むインプラント

と体外の装置から構成される機器です。

人工内耳の候補対象者は

①両側性の高度感音性難聴
 成人:両側90dB以上
 小児:両側100dB以上

②補聴器による十分な効果が得られない

③人工内耳埋め込み手術について医学的
  問題がないこと
 等々があります。

詳細は専門の耳鼻科医でお尋ねください。

スポンサーサイト

| その他 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どの程度の難聴なら補聴器が必要か?

「どのくらい耳が遠くなったら補聴器が必要か?」
よく聞かれる質問の一つです。

簡単に答えるなら、「どの程度会話が必要かで異なります」。
極論をすれば、誰とも会話をしないで一人テレビを見るだけなら、相当な難聴でも補聴器は必要ないでしょう。
テレビの音を大きくするかイヤホンを使えばいいだけですので。
逆に、会議や会合などで大切な話をする必要がある方は、ごく軽度の難聴でも補聴器を必要とします。

静かな場所で少人数での会話なら困らない程度の難聴の方だと、補聴器の必要性を感じない方も多いと思います。
ですが、軽度の難聴でも補聴器があると便利な場合はたくさんあります

例えば以下のような場面だとどうでしょうか。

・ 周囲が騒がしい場所での会話
 例えば喫茶店などの飲食店へ行って、グループで会話をする場合。
 周りの雑音が大きくい上に、同時に何人もが話したりするので聞き難くなります。

・ 病院での会話
 残念ながら難聴に配慮のない話し方をされるお医者様もまだ多くみえます。
 周りが騒がしい上に、ボソボソ下を向いて話されては難聴でなくとも聞き難い事も。
 受付での呼び出しが分からないという訴えも頻繁にあります。

・ 会話相手の声が細い
 誰もがゆっくり、はっきりとした話し方をする訳ではありません。
 声質が合わなかったり、不明瞭な話し方をされると聞き取りは困難になります。
 病気などで声が出しにくくなった方との会話も同様です。

・ 若い人との会話
 若い方の多くは早口ですし、話の中に耳慣れない言葉が多く含まれる場合もあります。
 特に家族の中だと顔も見ずに話すことで余計に分かり難くなります。

他にも、広い場所での講演や映画、演劇など、「もう少し」聴きたい場面はあるのではないでしょうか。

平均聴力














このグラフは年代別の平均的な聴力図です。 (参照:聴力検査法・パナソニック)

グラフが下に来るほど聴力が悪くなっているという意味です。

図から分かるように、年齢の影響で聞こえが悪くなると、
一般的に高音域から聞き難くなってきます

その一方で低音域は80歳平均でもほぼ正常に聞こえているようです。
音質によって聞こる、聞こえないに大きな違いがあるわけですね。

高音域が聞き難くなると、子音の聞き分けが困難になります
その結果、「橋と菓子」「父と石」「西と寿司と岸と利子」など聞き間違えが増えてきます。
しかも、会話が少なくなると聞き間違いはより多くなる傾向にあるようです
単純な聞き間違いと笑って済ませられれば良いのですが、ボケたのかと勘違いされても損です。

補聴器を使って音のある世界に戻るにも、軽度難聴の方が簡単です。
気を張って会話をしてもストレスの原因になりかねません。
やはり比較的軽度の難聴の間に補聴器を装用して、
十分に会話を楽しむのが得策と言えるのではないでしょうか。

| その他 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

補聴器店も選ばれる時代

10月某日

「補聴器を付けたいがどのような物があるか、

見せて欲しい」とユーザーさんが息子さんと来店。

その中で補聴器の性能・補聴効果・購入後の

メンテナンス等々細かく質問されました。

さらに、息子さん曰く「店も1軒だけでなく数件の

補聴器販売店を訪ね、話を聞いて店を決めたい」

とのこと。

補聴器販売店も多くなりユーザーさんも店を選ぶ

時代になっています。

当店も常に新しい測定方法・フィッティング技術を

学びお客様に満足して頂けるよう研鑽に努めています。

尚、測定には次のような測定があります。

 ①聴力測定

 ②語音明瞭度測定

 ③裸耳閾値測定

 ④裸耳明瞭度測定

 ⑤補聴器装用閾値測定

 ⑥補聴器装用語音明瞭度測定

上記のような測定をしながらフィッティング等をしています。

| その他 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上手な補聴器調整の受け方

補聴器には様々な調整装置が付いています。
単純に音の大きさを変えるだけではありません。
低音や高音などのバランスを変更する音質調整。
大きな衝撃音を抑える出力制限調整。
他にも、どの程度遠くの音まで聞こえるようにするか。近くの大きな声をどの程度抑えるかなど、 補聴器の種類にもよりますが大変複雑で細やかな調整ができるようになっています。
特に最近はデジタル補聴器が主流となり、コンピュータを使ったより高精細な調整が可能となっています。

最初は聴力など様々な測定結果に基づいて調整します。
それを様々な場所で装用した結果に合わせて再調整することで、より良い聴こえを実現することができるのです。

ですので、再調整を受ける際には「音を大きく」とか「雑音を小さく」などと言うよりは、 なるべく具体的に現状を訴えると良いでしょう
以下の点に留意して補聴器の状態を確認してみてください。

一、音質的な問題
 頭に響くような衝撃音がないか。
 紙や水などの金属音が苦にならないか。
 車の音やエアコンなどの騒音が邪魔でないか。

二、会話の状態
 静かな場所での少人数の会話
 騒がしい場所での会話
 親しい人との電話での会話

他にも気づいた点はメモをして販売店へお持ち頂くと良いでしょう。

急速な技術進歩もあり、補聴器に関する多くの問題は適切な調整などで解決できるようになっています。
せっかく買った補聴器をタンスにしまわないために、より快適な聴こえを得るために、不満に感じる点は遠慮なく販売店に訴えてください
納得できる解決策が必ず見つかることと思います。

| 補聴器 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空気電池の保管

先日お話ししました補聴器を付けてから「虫の音がきこえて感動しました!」とおっしゃっていたお客様。試聴貸し出し中でしたが、先ほど再度来店され、両耳の補聴器とも良好!ということでお買い上げいただきました。

前回も申し上げましたが「忘れかけていた世界がひろがった。」ということでした。

お客様が補聴器をきっかけに何事にも意欲的になって頂くとこちらも嬉しいもので、今後も末永いお付き合いをできればと改めて思います。

さて、お貸し出しの時に試聴練習のために補聴器用電池を進呈しています。その電池の保管状態を見ますと未使用の新しい電池と、使い切って電池容量が空の電池、現在使用中の電池がすべて同じケースに大事に保管されていました。

実は電池同士が接触していると新しい電池の容量が早くなくなる事があります。
新しい電池と古い電池は接触させないよう気をつけてください。

新しい電池は、パックのまま保管した方が良いでしょう。
また、使用済みの電池はいつまでもケース入れておかずに処分してください。

最近は、乾燥ケースの蓋に磁石がついていているものもあります。寝る時に補聴器は乾燥ケースにいれ、外した使用中の電池はその蓋の磁石につけておけます。


お近くの補聴器専門店にお尋ねください。

いずれにしても、補聴器用空気電池は新しい電池も古い電池も一緒にしてケース等に入れないようお気をつけください。  

| 補聴器 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スポーツの秋

日中の気温が、10月も中旬だというのに20年前に比べると1ヶ月ほど長びいて、いまだに9月くらいの感じです。

とはいえ、スポーツの秋です。なんとなく体が軽く動くような気がします。

時々ジョギングしている私ですがラップタイムが短くなっていい気でおりましたら、寄る年波と気候の変化で膝が痛くなってきました。

スポーツされる皆様、気づかないうちについついオーバーペースになりがちです。十分気をつけましょう。

前後のストレッチもしっかりと…

| 雑感 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

補聴器の重要性

9月某日

     84歳女性  補聴器は両耳装用

装用していた補聴器の1台が故障(断音)。

今までにも時々止まったりしていたが、今回は

まったく音が出なくなったしまったので新しく買い

替えたいとのこと。

「今まで両耳で装用いていたので、片方が

聴こえなくなると不自由で困る、なにより

気が落ち込んでしまう」とのお言葉。

補聴器で聞こえを改善するということは

聞こえの不自由さを減らすと同時に、

人の心もケアしているということです。

体の中でどこが悪くてもいけませんが、

耳も大変重要な部分です。少しくらいの難聴なら

と思わずに、きちっと調べてもらいましょう!

| お客様 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超強力タイプ 耳掛け形補聴器

オーティコン社より超強力型のデジタル補聴器が発売になりました。
デジタル補聴器史上最大の利得と出力を持つパワー補聴器です。

SumoDM(スモーDM)
と名付けられたこの補聴器は名前通り、
スーパーでウルトラな横綱級の能力を秘めています。

SumoDM
























大きな特徴が3つあります。

一つ目は、その力。
音を増幅する力」も「大きな音を出す力」も他の高度難聴用補聴器を圧倒します。
つまり、かなり聞こえが悪い方でも、少しでも聞こえが残っているなら効果がある可能性があります。
実際に、聴力100dB以上という補聴器がなければ全くと言っていいほど音が聞こえないユーザにも好評を頂いています。

大きな音を出す補聴器は、ピーピーという音が漏れるハウリングの問題が発生しやすくなります。
ですがSumoDMは、音声を小さくすることなくハウリングを除去する機能を搭載し、その大きな力を有効に活用することが可能になっています。

二つ目は、雑音抑制機能。
デジタル補聴器ですので、補聴器が発する雑音はほぼ皆無です。
それ以外にSumoDMは、周囲の環境が「静か」なのか「静かな中で会話がある」のか、「騒音下」なのか「騒音の中で会話がある」のかを状況判断しつつ環境に応じた最適な音作りをしてくれます。
これにより、会話以外の音(雑音)を効果的に抑制して、言葉が聞き取りやすくなります。

周囲の状況を補聴器がどのように判断しているかは、販売店で確認することができます。
コンピュータを使って視覚的に見ることもできますので、興味のある方は是非取扱店を覗いてみて下さい。

三つ目は音情報量の自動調整。
これは少し分かりにくいですが、どの程度小さな音から聞こえるようにするかの調整です。
一般的には小さな音まで聞こえた方が良さそうに思えますが、そうではありません。実は人によって、あまりに多くの音が聞こえすぎると、逆に言葉の内容が判別しにくくなる事があるのです。
SumoDMはある条件に従って、装用者に最適な音の幅(ダイナミックレンジ)を提供し、言葉の理解促進に貢献します。


他にも、多彩な入切スイッチや最適音量のお知らせランプなど使い勝手を向上させる仕掛けも色々。
汗や衝撃にも強いケースの設計も安心材料です。

高度難聴で従来の補聴器に満足がいっていない方、一度お店で試聴してみてはいかがでしょうか。

| 補聴器 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歌舞伎鑑賞

歌舞伎を鑑に行ってきました。
役者さんの声の迫力や演技のうまさ、衣装のあでやかさ、音曲の響きの良さ、舞台の演出すべてがすばらしいバランスで進行していきました。

まったく初めてでしたから、迷わずイヤホンガイドを借りました。
これまた職人技で役者のせりふの間を縫うように判りやすく絶妙のタイミングで解説が入り、
楽しさ倍増でした。

ただし、残念ながらイヤホンガイドの音質が劇場内の音響に比べかなり劣るものでした。
もっと音質が良くなると、歌舞伎のように約4~5時間の聴取にもまったく疲れを感じないものになると思います。

歌舞伎の歴史、質に負けないような音質のイヤホンガイドがあればと切望してしまいます。

| 雑感 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

厚生年金法による補聴器交付・修理

厚生年金法による補聴器(交付・修理)の制度が

平成17年4月よりすでに廃止となっています。

これにより補聴器の交付申請及び修理申請も出来なくなり

今までこの制度を利用されていた方は他の制度を利用

せざるを得なくなりました。

(昨今のマスコミ報道をお聞きになれば廃止理由もご理解

頂けるのではないかと思います)

今後、補聴器を公的な機関を利用して交付・修理等の助成を

受ける場合は身体障害者福祉法が中心になるのでは?

(ただし、身体障害者(児)の認定を受け、障害者手帳を

 取得しないと対象になりません(耳鼻科にて))。

詳しくは各市町村役場福祉課にて確認して下さい。

| その他 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

快適! オープンタイプ耳穴式

これまでも何度か紹介しているリサウンド・エアという補聴器があります。
これはオープンタイプと呼ばれる補聴器で、軽快な装用感が特徴です。
その仕掛けは、耳に接触する部分を極力減らして風通しを良くし、
付けている感覚がほとんど無いようにするものです。
軽度難聴や補聴器が初めての方には、装用した時の異物感を
訴えられる方が多く、そういった方には特に好評です。

リサウンド・エアをはじめ、多くのオープンタイプ補聴器は耳掛け形(耳の上にひっかけて装用するタイプ)です。
従来製品よりも細いチューブを利用するので耳穴式よりも目立ちません。
ただし、音の入り口であるマイクが耳の上に位置するので、
その点に違和感を感じる方もいらっしゃいます。

そうした問題を解決するため、耳穴式にもオープン補聴器があります。

以前からオープンタイプの耳穴補聴器は存在はしましたが、
片耳で30万円前後と高額なのが問題でした。
ですがGNリサウンド社が8月より販売を開始したカンタ4オープン
高い性能を維持しながらも価格が5万円程度下がりました。


430OC



















標準的なカナルタイプで片耳
248,000。両耳で約42万円です。

  付けているのを忘れるほどの快適な装用感。
  車やエアコンなどの雑音を抑える雑音制御機能。
  ピーピー音を抑える、ハウリング抑制機能など、

必要十分な性能を備えたこの商品は、きっと価格以上の満足感を得ることができることと思います。

| 補聴器 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

補聴器装用から半年

今年の冬に初めて耳穴式補聴器を作られたお客様が来店されました。

最初にご相談に来られたのは2月下旬頃。

どんな時に聞こえの不便を感じていらっしゃるのか、
どんな聞こえ具合なのか、
どんな補聴器があるのか、
色々説明させて頂いた上で、オーダメイドのデジタル補聴器を選択。
約30日程の試聴期間を経てご購入いただきました。

79歳の男性の方なのですが最初のご相談の時点でよかったことが、奥様が付き添いでご相談に来られたということです。

まず、測定をしたご主人の聴こえの状態をお二人に説明します。
次に、ご主人の聴こえに関して「奥様が困っていること」をご主人に分かっていただきました。
その上で、補聴器の種類や価格帯の違い、使われる用途等補聴器のことを理解していただいて、オーダーメイドの補聴器を両耳に装用してみる事にしました。

あれから半年。

今では体の一部になっているそうです。
ボランティアの仕事もはじめたとのことでした。

| お客様 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自力で!

某日 :  13歳男性・高音急墜型難聴(中程度の難聴)

              のユーザーさんが来店。

少し体にも障害があり補聴器の脱着にも

時間がかかる状態。

ご両親も来店されているが、一切手出しをされない。

見ているこちらの方がつい手を差し出したくなるのだが

じっと我慢・・・!

何でも自分一人でやる、そして自立出きるようにとの

ご両親の思いがひしひしと伝わって来る雰囲気であった。

親としての厳しさ、又「自分で何でもやらなければ」と自覚

して時間が掛かっても一人で行う姿勢に頭が下がる

思いでした。

| お客様 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくり聞こえる

補聴器に望む事として「相手の声がゆっくり聞こえる」機能が欲しいと書きました。

残念ながら現行の補聴器で相手の声がゆっくり聞こえる物はありません。

ただし、携帯電話やテレビなどの一部機種では既にそのような機能が搭載されています。


例えば、携帯電話なららくらくホン2

ビクターの「きき楽」シリーズなら、

テレビラジオCDラジカセなど色々あります。


この「きき楽」シリーズは単純にスピードを遅くするのではありません。

聞きやすい音域や音の大きさを調整しながら、

「話し始めをゆっくり」にして「徐々に元の速度に戻す」よう、

実際の会話との時間的ズレが少ないのに聞き易くしています。

上記のホームページで実際に聞き比べられますが、

大変効果的に言葉の明瞭性を上げてくれます。


補聴器を利用してもテレビの音声聞き取りが困難な方は、

テレビの音声も入る「きき楽ラジオ」を補助的に利用するのも良いでしょう。

| その他 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

感動が感動を

10月だというのにまだまだ、蒸し暑い日が続いている今日このごろです。

先週の日曜日に、ワイデックスのB2Xを両耳で試聴中のお客様が現在の経過報告に来店されました。
お貸し出しをしてから丁度15日目位でしょうか。

電池挿入や耳へ装着はOK。
両耳装用への違和感などもないようでした。

お客様に感想を聞いてみますと、
秋の虫の声を何十年ぶりに聞こえたよ。
 家の庭にこんなにまだ秋の虫がいたんだね。
  きこえた時は感動したよ。」と言われました。

毎回、お客様からいろいろな言葉をいただきますが「感動した」という言葉は私どもにとって本当に励みになる言葉です。

何よりも「お客様が聞こうとする意欲」があって「行動をおこしチャレンジした」、その結果が「聞こえる感動」につながったのです。
おすすめした補聴器の両耳装用を通じて「聞こえの感動」のお手伝いができたことは私どもの喜びでもあります。

みなさんも最近、感動したことはありますでしょうか?

| お客様 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

補聴器の機能

極小耳穴型補聴器(CIC)が販売された頃のことです。

このタイプは電源の入り切りのためのスイッチがなく、電池ケースの出し入れで入り切りをします。

したがって、電源を入れ耳に入れるときピーっというハウリングがします。 特に現役で仕事をしているかたが補聴器を着けるときにこの音をとても気にされます。

このことを補聴器メーカーの営業マンに製造開発担当者に伝えて欲しいと訴えたところ、まったく相手にされませんでした。

しかしながら、最近のCICには電源を入れてから音が出るまでに数秒の設定が出来るものがります。

ここでも、以前ふれましたが今補聴器装用する方に必要な機能は

相手の声がゆっくり聞こえる機能です。

早くそんな機能が補聴器にも搭載されますように…

                         

| 補聴器 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

って憂鬱になりますか?

私は雨ってけっこう好きなんです。

仕事してる時は、嫌いなんですけど

普段、家に帰ってからの雨は大好きです。

  濡れてもいい服装で

  雨の降る空の下に

  一人たっていると

  嫌なこと全部流してくれてるみたいで

  リフレッシュします。

ちょっと病んでるのかなぁ。(笑)

けっこう気持ち良いんですけどね。

皆さんは、雨の日どのようにお過ごしですか?

| 雑感 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もっと・・! もっと・・!

あるお客様のお話。

今までにあっち、こっちの医院(耳鼻科)へ足を運んで

「何度も耳を診てもらった」・・・。

補聴器でも「いろんな店へ行っては何台も購入した」・・・。

しかし、耳鼻科では「これ以上直らない」と言われた。

補聴器では「何台買っても自分の思ったような効果

が得られない」と、話をされる。

お客様の気持ちは、「もっと聞こえるように」「もっと聴きたい」

と、お思いであることはよく分かります。

これは難聴で困っておられる全ての方の共通の願い

だと思います。私どもはこういった方の願いに少しでも

お応え出来るよう日々研鑽を積み努力を致しております。

| お客様 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年寄りくさい??

補聴器ってなんだか抵抗ありますよね?

ない人なんてほんのわずか、もしくは0?だと思います

使っていることを周りに知られたくない!

という人も多いと思います。

何故なんでしょうか?

補聴器という言葉の響き。

なんだか年寄りみたいで抵抗ある。

こんな感じなんでしょうか。

そこで、考えてみて下さい。

1:補聴器を使用しないで、何度も聞き返しをする人

2:補聴器を使用して、会話をこなす人

   どちらが年寄りくさい??

| 補聴器 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

音の違い

今までアナログ補聴器を長年使用されて来て、新たに

デジタル補聴器に買い替えようとお思いの方へ。

実は、全ての人がデジタルを使いこなせるとは限りません。

これは、操作上のことではなく、根本的にデジタルの音に馴染めない

場合があるからです。

アナログとデジタルの「音質(音色)の違い」。あるいは

増幅方法の違いによる「音の感じ方の違い」。更には

「音の厚みの違い」・・・等々により、デジタルの音に

馴染めなく、アナログ補聴器に戻す方も一部おみえです。

アナログ補聴器に長年親しんで、その音に慣れた方は

買い替え時には一考を!?・・・・。

| その他 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。